交通事故の示談について

もしも自分が交通事故に遭っても、保険に加入しているから大丈夫と思っていませんか?しかし、交通事故で被害にあってしまった場合、相手の過失の割合が大きければ大きいほど、加害者側の保険会社の介入が大きくなります。相手の過失によって生じた事故の場合、示談に関する交渉に、被害者の保険会社が介入する事はありません。示談交渉は被害者と、加害者側の保険会社で行わなくてはいけないのです。

交通事故に遭遇した場合、ほとんどの事例が示談によって解決します。示談では、被害者と加害者の過失の割合や、示談金の基準による計算などが、全て法律をもとに決められます。そのため、示談についての正しい知識がないと、本来受け取れるはずの適正な示談金さえ受け取れなくなってしまいます。

示談とは、互いの話し合いによって和解することなので、示談が成立してしまえば、それ以降は新たな申し立ては認められません。そのため、安易に示談をしてしまうと不満が残るだけでなく、新たな後遺症などの問題が起こった時に、非常に厄介な時代になってしまいます。

示談書の持つ効力は法的に非常に大きなものです。一度示談をしてしまい、示談書にサインをしてしまったら、その後のトラブルで裁判に発展したとしても、弱い立場になってしまいます。示談書の存在によって、本来受け取れるはずの補償が受けられなかったという問題も起きるかもしれません。そのような問題を避けるためにも、円滑に示談を進めるためには弁護士に相談するのがおすすめです。

それでは、交通事故の示談についての様々な知識を紹介します。このサイトを読んで、是非示談交渉に役立てて下さい。