示談をする際の注意

示談交渉は、被害者の過失が0%の場合を除いて、自分の保険会社に交渉を代行してもらう事もできます。示談交渉を進める上で忘れてはいけないのが、保険会社は加害者の味方という事です。自分が保険会社に加入していたとしても、事故の保険金の支払いをするのは加害者側の保険会社ですから、どうしても判定は加害者寄りになってしまいます。

ここで注意したいのが、被害者と加害者の当事者同士が同じ保険会社に加入している場合は、会社の損を減らすために最も被害者に不利な条件で勝手に示談が成立してしまう場合があるのです。そのような不利益を防ぐためにも、弁護士による介入は重要です。自分の保険会社に交渉を任せておいても、100%信頼できるとは限らないのです。弁護士なら、依頼者の利益を考えて動いてくれるので、示談も被害者の立場に立って進めることができます。

交通事故の示談が成立するかは、示談金の額によって決まります。しかし、個人が加害者側の保険会社を相手にした場合、どうしても示談金の額は低くなってしまう傾向にあります。相手は交通事故のプロですから、個人がどう頑張って太刀打ちしようとしてもなかなか難しいのが現実です。示談交渉をスムーズに進めるためには、こちらもプロである弁護士の力を借りるのが一番です。

示談交渉の流れ

交通事故が発生した後、示談はすぐに行われるというイメージがありますが、実際はそうではありません。交通事故が起きてしまったら、まず警察による事件の検証が行われます。事件に犯罪性がないと判断されたら、警察は民事不介入ですので、事故については加害者と被害者の間で解決するようにゆだねられます。また、入院や通院など、怪我の治療も大切です。怪我の状態がある程度良くならないと、示談をするにも症状の確認ができないからです。実際に示談が開始されるのは、ある程度治療のめどが立ち、後遺症などが確定するタイミングが多いです。

加害者側の保険会社はできるだけ早く示談を終了させようと、さまざまな条件を出してきます。自分での交渉は難しいと思ったら、できるだけ早く弁護士に依頼しましょう。弁護士に依頼する事で示談金のアップが見込めますし、万が一示談交渉が上手くいかなかった場合も、スムーズに訴訟に移ることができます。

示談交渉で大切なのは、相手側の保険会社に流されない事と、示談を焦らない事です。個人で示談を解決させようとすると、こちらの焦りや知識の無さに付け込んで、加害者側の保険会社に不利な条件を飲まされることもあります。弁護士という信頼できる味方がいれば、示談交渉もスムーズになります。

関連リンク【交通事故の発生から示談までの流れ | 交通事故被害者救済サイト】

交通事故の示談について

もしも自分が交通事故に遭っても、保険に加入しているから大丈夫と思っていませんか?しかし、交通事故で被害にあってしまった場合、相手の過失の割合が大きければ大きいほど、加害者側の保険会社の介入が大きくなります。相手の過失によって生じた事故の場合、示談に関する交渉に、被害者の保険会社が介入する事はありません。示談交渉は被害者と、加害者側の保険会社で行わなくてはいけないのです。

交通事故に遭遇した場合、ほとんどの事例が示談によって解決します。示談では、被害者と加害者の過失の割合や、示談金の基準による計算などが、全て法律をもとに決められます。そのため、示談についての正しい知識がないと、本来受け取れるはずの適正な示談金さえ受け取れなくなってしまいます。

示談とは、互いの話し合いによって和解することなので、示談が成立してしまえば、それ以降は新たな申し立ては認められません。そのため、安易に示談をしてしまうと不満が残るだけでなく、新たな後遺症などの問題が起こった時に、非常に厄介な時代になってしまいます。

示談書の持つ効力は法的に非常に大きなものです。一度示談をしてしまい、示談書にサインをしてしまったら、その後のトラブルで裁判に発展したとしても、弱い立場になってしまいます。示談書の存在によって、本来受け取れるはずの補償が受けられなかったという問題も起きるかもしれません。そのような問題を避けるためにも、円滑に示談を進めるためには弁護士に相談するのがおすすめです。

それでは、交通事故の示談についての様々な知識を紹介します。このサイトを読んで、是非示談交渉に役立てて下さい。